農業を通じた素敵な縁 有機農家

小野寺 幸絵さん

私の中では農業だったんですよね

爽菜農園では有機栽培で作った旬の野菜を、野菜セットにしてお客様に届けている。有機農家になろうと思ったきっかけは、県内の先輩農家さんを訪ねたこと。学生時代から海外に興味があり、大学卒業後は専攻だった土壌肥料の分野で青年海外協力隊を経験。大学時代は農学部だったものの、まさか自分が農家になるとは思っていなかったそう。「有機農家って色んなことをやってる人が多くって、面白いなって思ってね」と人との出会いが、爽菜農園の始まりだった。

好きなんですよ。人に交じって何かやるのが

小野寺さんご夫婦が市貝町に移住したのは、およそ17年前。現在は地域の自治会活動やグリーンツーリズムなどを行う協議会に所属し、市貝町のために地域活動を積極的に行っている。移住した当初は、市貝町にあまり知り合いがいなかったため、住む家を探すのさえも苦労されたそう。市貝町の観光地、芝ざくら公園のおそば屋さんを手伝ったことをきっかけに地域に溶け込み、今では地元の方からからも信頼されている。「自分たちと近くの人が豊かな暮らしをして、それに賛同した人も豊かな暮らしができれば良いのかな」と、移住者ながらも市貝町民として、地域のことを大切に考える小野寺さんの姿があった。

にんじん畑で間引きを行う小野寺さん

今後の目標は、「豚を飼うこと」

爽菜農園では野菜とお米を自然栽培する傍ら、養鶏も行っており卵と鶏肉も自給している。有機農家だからといって「自給自足なんて言ったら、ちょっとおこがましいかなって」と語る小野寺さん。今の生活を“自給的暮らし”と例え、「できるだけつくってみたいなと思って、やったりはするけどね。プロには敵わない」と、時には100円ショップにお世話になることもあると笑いながら話す。今後の目標を伺うと、「豚を飼うこと」だそう。無理をせず、楽しみながら田舎暮らしを行う小野寺さんは、まさにイメージする理想の田舎暮らしだなと感じた。

Page Top